犬の口臭 ペットシア

【ペットシア】犬の口臭が気になる…予防法は?

犬の口臭の原因は大きく分けて2種類あります。

 

1つは口内の衛生状態の悪さが起因しているもの、
そしてもう1つは内臓疾患や病気によるものです。

 

とくに人間に比べて歯石が溜まりやすい犬は歯周病の危険性が高いので、
飼い主さんが普段から注意してあげる必要があります。

 

 

このように飼い主さんのサポートなしでは予防が難しい場合も多々ありますが、
では犬の口臭を予防するにはどういった方法が考えられるのでしょうか?

 

 

歯磨き

犬の歯も人間と同じで磨いてあげることによって口臭を抑制することができます。

 

ただ、いきなり口のなかにブラシを突っ込んでしまうと
嫌がってしまう犬も多いと思います。

 

ですので、まずは慣れてもらうことを目的として、
口周りを優しく触ってあげたり口のなかに軽く指を入れてあげたりしながら
慣れさせていくような努力が必要になります。

 

そして一番大事なことは歯磨きが楽しいものだと覚えてもらうことです。

 

そのためには、
歯磨きのあとにはご褒美をあげるという行為がとても効果的ですので
試してみてください。

 

 

フードを変更する

与えているフードに油分が多く含まれていると口内が酸化しやすくなり、
その結果、口臭の原因となってしまいます。

 

また、市販されている多くのフードに使用されている穀物は
犬の唾液では消化されにくく、
どうしても口のなかに食べカスや歯垢を溜める一因になりがちです。

 

ですので、極力油分を使用していなくて、
できれば無添加な材料だけで作られたフードに替えてあげるのが
本当は理想的なのです。

 

 

口臭用スプレー

口臭予防や歯石除去に効果が期待できるスプレーも発売されています。

 

ただ、スプレーを顔に吹きかけられることに対して
抵抗を感じてしまう犬もいるかもしれません。

 

その場合は動物病院に連れて行って歯石を除去してもらうという方法もあります。

 

 

サプリメントを利用する

犬の口臭対策を目的として開発されたサプリメントもあるので、
手軽に口臭予防を試したい飼い主さんにはオススメです。

 

サプリメントには食事に混ぜるタイプや歯にダイレクトに添付するタイプなど
さまざまなタイプが販売されています。

 

効能や効果にもそれぞれ特長がありますので、
よく読んでから使ってあげるようにしましょう。

 

 

>>犬の口臭サプリ、ペットシアについての解説はこちら

 

 

犬の口臭予防サプリ「ペットシア」について

犬の口臭対策の「ペットシア」にはどのような特長があるのでしょうか?

 

簡単にまとめてみました!

 

 

無添加

野生で暮らしていたころは添加物などを口にすることがなかったため、
犬の体にとって穀物や添加物は消化不良を起こしたり、
アレルゲンとなったりすることもあり基本的にはよくないものとされています。

 

ペットシアには添加物や着色料といった、
犬にとって有害になる可能性のあるものは一切使用されておりません。

 

またその代用として豚のゼラチンを用いるなどして、
犬が好むような味わいになるような工夫も施されています。

 

 

獣医師監修

ペットシアは獣医師監修のもと開発されています。
ですので、使用されている成分やその配合量も
とても安心のできるものとなっております。

 

その一つがティアカロン90S。

 

ティアカロン90Sはカテキンのなかに含まれている成分で
天然の抗菌、殺菌作用があることで知られています。

 

しかしティアカロン90Sは過剰摂取になると、
健康に害を及ぼすこともあるという報告もあります。

 

そこでペットシアでは、
科学的根拠をもとにはじき出された量を参考に配合されており、
健康に影響を与えないことも確認済みです。

 

 

>>ペットシアの詳細はこちら

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ